おかやどかりには某企業でおもちゃのパーツのごとく売られていたという悲惨な歴史あり。


by ahirumame
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

駄目でした・・・

 復活をみなさんにも願っていただいていましたが、残念ながら亡くなってしまいました。
原因は次の二つが考えられます。

①脱皮中に他の子が豆の潜っている辺りに潜ろうとして、砂と一緒に豆を掘り出してしまって、驚いた豆は脱皮を途中でやめてしまった可能性。

②ヒーターの近くだったので砂が乾燥して崩れてしまい、脱皮がうまくいかなかった可能性。
 
 どちらにしろ、私がもっと注意していれば防げたことです。長生きの生き物なので、余計に悪いことをしてしまったと思います。

 今考えている隔離法はそらまむさんちの「ペットボトルを使った隔離法」を真似させていただこうと思います。えさを食べる場所はゴマ粒大の扱いやすい砂で、脱皮用のペットボトルの中は川や浜辺の細かい砂で使い分けをされているようです。なかなか細かい砂のほうに潜ってくれませんが、そこは試行錯誤していこうと思います。

もうひとつ思い出したのが、脱皮の前触れで鈍くなっていたころに、もう一匹のナキオカ潜水艦にちょっかいを出されていたことです。

その潜水艦が今はもぐっています。こちらは一人暮らしなので大丈夫だと思います。というか、潜水艦はいつも潜っているので、よくわかりません。一応食べ物も入れておこうかなあというかんじです。
[PR]
by ahirumame | 2005-12-18 14:42 | 様子